読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

女子をこじらせて

女子をこじらせて

女子をこじらせて

作家
雨宮まみ
出版社
ポット出版
発売日
2011-12-05
ISBN
9784780801729
amazonで購入する Kindle版を購入する

「女子をこじらせて」のおすすめレビュー

故・雨宮まみさんが惚れ込んだ女子プロレスラー・里村明衣子の「カッコよさ」とは?

『「かっこいい」の鍛え方 女子プロレスラー里村の報われない22年の日々』(里村明衣子/インプレス)

「こじらせ女子」という言葉を生んだ『女子をこじらせて』(ポット出版)の著者・雨宮まみさん。2016年11月、突然の訃報に、多くのファンが涙した。彼女は、生きづらさを抱えながら懸命に生きる現代女性の代弁者だった。

 雨宮さんの死について、「自殺じゃないか?」と勘ぐる人もいる。しかし、そんなことは絶対にない。なぜなら彼女は、ある一人の女性に惚れ込み、本を書こうとしていた。その女性とは、女子プロレスラーの里村明衣子。雨宮さんは生前、里村についてこう書いている。

女は年齢じゃない、人間は年齢じゃない、志と生き方と姿勢で、いつまでも気高くいられる。そういうことを初めて、きれいごとじゃなく心の底から感じて、自分自身も輝きたい、里村さんほどにはなれなくても、何かああいうオーラのようなものを放って、自分に酔いしれることができるようになりたいと思った。里村さんを知って、私は目標というものを得て、少しばかり無茶をしてみたくなったのだ。(「40歳がくる!」)

“横綱”と呼ばれ…

2018/11/10

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

女子をこじらせて / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ミカママ

女子だったら生まれながらのゴージャスでない限り、誰でも一度はこじらせた時期があるのではないか。そんな女子の黒歴史を逆なでした上で、優しくバンドエイドを貼ってくれるような作品。この世はとても、彼女にとっては生きにくいものだったのだろう。

2019/09/07

harass

KindleUnlimited。レビュで気になり読む。2011年のAVライターの著者の告白。田舎の浮いていたサブカル少女は東京を目指し、アダルト業界に…… こじらせることを隠さずに語っていて、途中引きまくる。なにもそこまでと。女であることの意味、ジェンダー論にもつながる葛藤と悩みとあがきと、それらを踏まえて内面の折り合い。女性がここまであけっぴろげに語ることへのおののきは一体なんだろうか。こじらせっぷりにあまり笑えないのだがぜひ一読を。と、調べたら著者は四年前に亡くなっていた。自殺ではないようだが。

2020/01/06

4月から新職場の寺

図書館の伝記コーナーで発見(笑)。題名が他の本と違和感があるので手に取り、パラパラめくるとエロい単語だらけなので迷わず借りる(恥)。まずは著者がAVライターである事の自己紹介。初めてAVを見たのは大学受験で一人で泊まったホテル。「赤本すら開かずにとても人には言えないような行為に没頭」したとの事(笑)。こんな感じで笑いがふんだんに入った著者の自伝なのだが、就職するあたりから笑いの要素が失せ、女である事や私である事の苦悩と思索と考察の軌跡に。最終的に著者が開いた悟りは貴いと思う。皆に読んでほしい。

2014/06/20

lonesome

この本は雨宮さんと同じような女の人へのエールとして書かれてるけど、男でもとても共感できる。自分もこんな自分に好きになられても迷惑ですよねと思ってしまう。だけどこの卑屈さは誰かにとっては鼻につくのかもしれないな。なぜならどうせ自分なんかという評価は、自分で決めるものではなくて相手が決めるべきものだからだ。「モテキ」もすごく好きなので、ミツロウ先生との「モテキ」の登場人物に例えて展開する対談もわかりやすく面白かった。あとがきの文章も良くて、なんだか好きな人と話したいと思った。

2014/05/04

りいこ

ずっと読みたいと思っていましたが、私には合いませんでした。雨宮さんがライターとして働き出したあたりから愚痴のオンパレードで…。本には共感だけを求めているわけではありませんが、愚痴というのは共感できる内容でないと本当に疲れます。自信がないのに奇抜な格好をしたりバニーガールになったり友達の男と寝たり、これもよくわからない感覚です。性差の悩みには多少は共感を覚えますが。……私は雨宮さんほどには女であることをこじらせていないんだとわかりました。

2015/11/26

感想・レビューをもっと見る