読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

寺山修司著作集 第5巻 文学・芸術・映画・演劇評論

寺山修司著作集 第5巻 文学・芸術・映画・演劇評論

寺山修司著作集 第5巻 文学・芸術・映画・演劇評論

作家
寺山修司
白石 征
山口昌男
出版社
クインテッセンス出版
発売日
2009-04-15
ISBN
9784781200538
amazonで購入する

寺山修司著作集 第5巻 文学・芸術・映画・演劇評論 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

短歌や俳句という定型から始まった寺山の表現は、その定型からいかに自由であるかという方向へと向かっていく。その思考過程が、著作集5巻に収録された文学、演劇論から理解できる。しかし、定型からの自由とは、単にその形式の破壊のことを言っているのではない。形式以上に、詩や文学、そして演劇が持つ精神をより開放することを目指しているのだ。その結果として、例えば、街そのものをステージとする、天井桟敷における市街劇という発想へと開花していく。過激であり、挑発的である寺山の表現には、芸術に対する誠実な想いが込められている。

2010/12/05

感想・レビューをもっと見る