読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

世界家庭料理の旅 (コミックエッセイの森)

世界家庭料理の旅 (コミックエッセイの森)

世界家庭料理の旅 (コミックエッセイの森)

作家
織田博子
出版社
イースト・プレス
発売日
2021-06-17
ISBN
9784781619811
amazonで購入する Kindle版を購入する

世界家庭料理の旅 (コミックエッセイの森) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たまきら

楽しみにしていた料理&旅エッセイです。世界中どこに行ってもそんな食べ物でも「おいしい!」とにこにこ楽しんでいる著者の姿が素敵です。家庭料理って本当に面白い。そして彼女はなんでも躊躇なく口にしてすごいなあ。…インドでバター茶(塩味)をご馳走になっておなか壊したのを思い出しました…。先日映画「おいしい給食」を見た帰りに、美味しいベトナム料理屋さんを発見。江戸川区で我が家からは遠いんですが、昨日も行っちゃった。店内にいるとベトナムにいるみたい~。あ~旅に出たい!

2022/06/02

mariann

美味しそうなお料理本を期待して図書館より。料理の絵はそこまでそそられるわけじゃないけど、とても良い本だった。著者が世界各国を周って、現地の人に家庭料理を振る舞ってもらう。きっと朗らかな人柄なんだろう、人の優しさが伝わってきた。前半はユーラシア大陸を進んでいく。ロシア国内をシベリア鉄道で移動中に下車したブリヤート共和国。ロシアは国内に22の共和国があるらしい。だから連邦国家なのか!モンゴルもロシア文化の影響が色濃い。中国文化に近いと思ってた!とか、色々勉強になった。

2021/07/16

シルク

この筆者の作品は、全制覇しようかな~。「今度○○に行くの。家庭料理を食べてきたくて!」と周りに言っておいて、現地の友達を紹介してもらったり、行ってから親しくなった人に「うちにごはん食べに来て」と連れて行ってもらったりという本。筆者は、あれだな。わたくしが心底うらやましく感じるタイプのひと。トルコの高橋ゆかりさんとかインドの流水凛子さんとか、時々いるでせう。天才的な程にその国に溶け込んで、本人は至ってナチュラル~に過ごしているが、周りから「ユカリ、ユカリ」と好かれる旅人。この本の筆者もそのタイプだと思ふ。

2022/03/07

ルシュエス

旅してご馳走になった家庭料理エッセイ。 おもてなし好きな人達が温かい。 同じ国でも地域によって(住む民族によって)味付けなども異なり面白い。

2021/06/27

しのぶ

世界を回って家庭料理をごちそうになるコミックエッセイ。自分があまり海外に行ったことがない為か活動的な著者が女性なので単身旅行にかなりの驚き。著者も出会う方々も温かい人柄の方ばかりで楽しく拝読。家庭料理は知らない料理が多くて興味深い。

2022/05/25

感想・レビューをもっと見る