読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ただしい人類滅亡計画 反出生主義をめぐる物語

ただしい人類滅亡計画 反出生主義をめぐる物語

ただしい人類滅亡計画 反出生主義をめぐる物語

作家
品田遊
コルシカ
出版社
イースト・プレス
発売日
2021-08-07
ISBN
9784781620046
amazonで購入する Kindle版を購入する

ただしい人類滅亡計画 反出生主義をめぐる物語 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

☆よいこ

全能の魔王が、人類を滅ぼすべきか存続させるべきか、人間に議論させ、理を伴った結論を実行することにする。人類滅亡会議が始まる▽ブルー:悲観論者、イエロー:楽観主義者、レッド:共同体主義者、パープル:懐疑主義者、オレンジ:自由至上主義者、グレー:エゴイスト、シルバー:相対主義者、ゴールド:利己主義者、ホワイト:経典原理主義者、ブラック:反出生主義者▽「人間は生まれてくるべきではない」ラノベやアニメでよく悪者が主張する原理をこねくり回す。▽厨二的論理か、哲学的論理か。楽しめました。

2022/02/04

kou

とても面白かった。理屈っぽい魔王に集められた異なる思想を持った人間10人が、「人類は存続するべきか、滅亡するべきか」を議論していく会話劇。この中だったら自身はパープルになるのかな。「反出生主義」って思想を初めて知った。いろんなテーマでシリーズ化してもらいたい。

2021/10/31

Tenouji

10人の議論が面白かったので、一気読み。反出生主義自体は、個人的にはあまり魅力的には思えないが、進撃の巨人の「地ならし」に近い感じを受けた。他人に苦痛を与えるという行為を止めさせるため、個人視点での合理性を広げて極めた感じ。でも、理不尽さに強引に道徳をつなげた感じがするよね。

2021/08/30

カノコ

突如降誕した魔王。人類は滅亡すべきか存続すべきか……選ばれた10人の人間が、それぞれの主義に基づき議論を始める。好きなライターの著作であり、関心のあるテーマだったので手に取った。本文はほぼ全て10名の会話文で構成されており、出生の是非について道徳や善悪など複数の観点から論じられている。反出生主義に対して何らかの結論が下されるわけではないが、あとがきで述べられている通り、自分が出生の在り方について考える際の「補助線」のような役割を果たしてくれる。過剰に感情的にならず、理性的に考える良いきっかけを貰えた。

2021/08/11

なっぱaaua

面白かった。書店でたまたま目に付いたので買ってみた。「反出生主義」という言葉は聞いたことがあったかもしれないけど、全然意識したことが無かった。「人類を滅ぼすか否か」という事を10人が話し合いそこで出た結論を元に魔王が人間を滅ぼすかを判断するという。とても哲学的な話で人間の在り方を問うものだった。「反出生主義」は不幸・苦痛を産み出さない為に人は人を新たに生み出すべきではないという。ブラックの意見は論理的かもしれないけど、自分はそういう考えにはならないだろうな。~続く~

2021/09/15

感想・レビューをもっと見る