読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

天才と死 (イースト新書)

天才と死 (イースト新書)

天才と死 (イースト新書)

作家
荒木経惟
出版社
イースト・プレス
発売日
2013-06-03
ISBN
9784781650043
amazonで購入する Kindle版を購入する

天才と死 (イースト新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

eMI-sAN

★★★★☆【2013】アラーキーと北野武・赤塚不二夫・綾小路きみまろ・森山大道・末井昭対談集。赤塚氏の「アラキはその時代時代のブスをキチンと撮っている」という発言が好き。アラーキーの森山氏LOVEっぷりも可愛い。末井氏の「雑誌って独裁じゃなきゃ面白くないかも」という発言に『週プロ』におけるターザン山本を思い出す。寺山修司の話もちょこちょこ出てきて面白かった。●ジョン・フォード『駅馬車』。『カルメン・マリーの真相』。

2015/12/10

S_Tomo

希代の写真家荒木経惟がビートたけしや赤塚不二夫、森山大道などこれまた各分野の奇才たちとの対談をまとめた一冊。 彼らが若かった昭和、というか1960〜80年代というのは今から見ると破天荒でアナーキーな時代だったんだとなぜか再認識してしまう。

2013/06/26

hiratax

赤塚不二夫に末井昭とおなじみの面々に加え、綾小路きみまろという並びが渋い。しかもきみまろ章にけっこうなスペースがさかれている。

2013/11/10

感想・レビューをもっと見る