読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

それどんな商品だよ! 本当にあったへんな商標 (文庫ぎんが堂)

それどんな商品だよ!  本当にあったへんな商標 (文庫ぎんが堂)

それどんな商品だよ! 本当にあったへんな商標 (文庫ぎんが堂)

作家
友利昴
和田ラヂヲ
出版社
イースト・プレス
発売日
2013-10-02
ISBN
9784781670973
amazonで購入する

それどんな商品だよ! 本当にあったへんな商標 (文庫ぎんが堂) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

oldman獺祭魚翁

ハイあっという間に読んでしまいました。大の大人が集まってなんでこんなネーミングをと思わせる物有り、成程と思わせるものあり、中々楽しい本です。「草刈機まさお」で名を上げた筑水キャニコムは最高級機種として「取締役社長 芝耕作」が有りました いや ネタにするには面白い本。しかも著者は中々ツッコミが鋭くて企業勤めよりギャグライターが向いているんじゃ無いか?と思わせる文です。そんなツッコミ本に更に突っ込んだ書評はこちら→http://www.honzuki.jp/book/253308/review/184816/

2017/09/05

商標登録されたものも却下されたものも併せて、世に出た奇妙なネーミングが紹介されている。大の大人が顔を突き合わせて(または大の大人の一番偉い人がひらめきと自信を持って)真面目に考えて…結果、なんでそこに着地したのか。なんでそれを登録しようという話になったのか。全力で突っ込まれているが読んでる方は肩の力が抜ける。あと、「コードレスコード」がどんな代物がものすごく気になる。

2015/06/05

うがり

自分の知らない世界というはたくさんあるが、これもその一つ。名前はとても大事で、そのものの印象を決める上で重要な役名である。だからこそ一生懸命守るのは分かるし、考えるのも必死。でも…それにしたってものもある。笑 これ本当に会議した上で審査したの?なんでOKしたの?ってものもあり、それはいいのにこれはダメなの?ってものまで割と奥深い。面白いと思ったのは草刈り機を作る会社。センスがすごいし、発展の仕方もまさかの方向性にあっぱれ!と言いたくなる。あと商標を見る上でその登録時期を見ることは大事とも知った。

2019/05/24

なっき〜

最初のページで紹介されている、草刈り機『草刈り機まさお』の姉妹品が『草刈り機たみよ』かと思いきや『1000masao』で、まさおの方生かしちゃったのかよ!というツッコミで、既に吹き出しそうになってた。同じ会社で『草なぎ・たおし』っていうのもある…。。すごいんだな、草刈り機業界って(^_^;)こうなったら、稲かりゴローも、ぜひ商品化を。電車の中で読んじゃだめな本です。

2015/05/04

伊達酔狂

★★★★★

2014/01/30

感想・レビューをもっと見る