読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ぼくらのSEX (文庫ぎんが堂)

ぼくらのSEX (文庫ぎんが堂)

ぼくらのSEX (文庫ぎんが堂)

作家
橋本治
出版社
イースト・プレス
発売日
2021-02-10
ISBN
9784781671994
amazonで購入する Kindle版を購入する

ぼくらのSEX (文庫ぎんが堂) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ケー

語り口がやわらかで読みやすい。でも少し男子に対して厳しく接しすぎのような感じも受けた。あと、解説が二村ヒトシさんなのはものすごく納得。絶対大きな影響受けていると思うもん、二村さん

2021/03/13

たんかともま

丁寧な口調で道徳的にセックスを説かれるのかと思ったが、セックスをエネルギーと表現したり、他人の体を使ってするオナニーと表現したりするあたりから、綺麗事以外にも目を向けているなと感じた。源氏物語の解説、自分がないということや自由がないということ、尻拭いを任せてしまったり、出家の意味合いだったり、そういう視点で読みたくなる。古臭い意見は解説でフォローされているが、古臭いと断じるほどではないと感じた。しかし、ロリコン、近親相姦、スカトロ、SMなどについての言及はやや深みに欠けている気がしたのは混乱の時代だから?

2021/06/20

sou

題名の印象とは裏腹にしっかり考えさせられた本。心理を突いてくるような金言ばかりで付箋だらけに。もっと若い頃にこう言う風にしっかり教えてくれる本や人に接することができていたら行動や考え方が変わっていただろうと思います。1つの価値観だけが正しいわけではないと繰り返される橋本さんの主張。それだけ大抵の人は強制(矯正)されているということですね。また、橋本さんは男性ですが、男と女の両方の観点について丁寧に述べているのがすごいところだと思いました。

2021/03/14

うめたん@ぽんこつなまいにち。

若い人向けの性教育の本。93年に書かれたものらしいので、若干内容が古く、子どもに読ませるのはためらうかな。二村ヒトシさんの解説でおおむねフォローされてはいるものの。

2021/03/23

まがった僕のしっぽくうどん

タイトルと内容が内容だけに、子供たちが寝てる時間にちまちま読み。これだけ作中にSEXって言葉が溢れてる本って他にあるかな。女性の生理に関する話は、恥ずかしながら知らないことばかりで勉強になった。さすが橋本治だけあって、性と古典を絡めた話はおもしろかった。

2021/02/26

感想・レビューをもっと見る