読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

叶恭子の知のジュエリー12ヶ月 (よりみちパン! セ)

叶恭子の知のジュエリー12ヶ月 (よりみちパン! セ)

叶恭子の知のジュエリー12ヶ月 (よりみちパン! セ)

作家
叶恭子
出版社
イースト・プレス
発売日
2011-11-17
ISBN
9784781690223
amazonで購入する

叶恭子の知のジュエリー12ヶ月 (よりみちパン! セ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よしもとばななが勧めてたので読んでみた。どんな軸であれぶれない人の話はわかりやすく、少女時代に読みたかった。もちろんこの歳でも、読んでよかった

2014/10/29

じゅんこ

「大人になることは自分の子供の部分に向き合うこと」という言葉の通り、読者であろう思春期の女の子の言葉にきちんと向き合い、スタンスを崩さず応えています。テレビでの煌びやかでセンセーショナルなイメージとは違い、新鮮でしたが、矛盾はありません(だから長年続いているんですね)。文章からも、誠実で筋が通った人だということが伝わります。思春期にこの本(考え方)と出会える人は幸せだとおもいます。

2015/02/13

こま

エレガントとは何かと圧倒される。大人でもこれだけインパクトがあるから、想定年代の頃に読者になりたかった。

2016/10/27

なおっち

「協調性」を重視するが故に「空気を読むことが美徳」とされがちな世の中…そんな世の中で生き苦しさを感じているなら是非読んで欲しい本。自分を尊重し理解する大切さに気付かせてくれる。「不可能なことを可能にする。しかし、その逆はあってはならない」「自分が求めていることが全てであり、真に求めていないことは、何であれ、する必要はない」「『貴方のためを思って』と言う人には『自分のために生きてください』と言葉を返しましょう」「何が貴方にハピネスをもたらすのかは、貴方にしかわからないもの」など、正に言葉の宝石箱。

2015/08/16

タカハシカ

行動とのブレがなく、説得力半端ない。ラグジュアリーなバカボンイズムに、雲晴れる

2016/01/19

感想・レビューをもっと見る