読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

「美しい」ってなんだろう? 美術のすすめ (よりみちパン! セ)

「美しい」ってなんだろう? 美術のすすめ (よりみちパン! セ)

「美しい」ってなんだろう? 美術のすすめ (よりみちパン! セ)

作家
森村泰昌
出版社
イースト・プレス
発売日
2011-11-17
ISBN
9784781690230
amazonで購入する

「美しい」ってなんだろう? 美術のすすめ (よりみちパン! セ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

へくとぱすかる

「画家」でも「彫刻家」でもなく、森村さんを何と呼べばいいのか。「美術家」という言葉は、ひょっとして森村さん自身の発明? 「作る」のではなく「なる」という方法がおもしろい。表紙もそうだし、ゴッホの自画像に「なる」ための方法も凝っていて脱帽。おふざけのようでも真剣。笑えることも「美」である。こういう発想も関西人ならでは、と思うのは私だけではないはず。美術の基本を教えてくれた思いです。

2018/01/24

めん

美術家森村さんによる入門書…かな。その世界にいたるために・見る・作る・知るの道を試みた森村さん。どれも上手くいかず、第四の「なる」という自分道を進む。第1作が、ゴッホの自画像。 あの特徴的な帽子から手作りする森村さんには、滑稽さを感じたり。ただ、そこからでこそ掴むことがあるのだろう。そんな森村さんの言葉はホンモノだ。•わかるとは、絵のなかにふしぎをみいだす おどろきのことである•自分道の発見は遠くていい。おおいに迷うほうがいい。•美術って、見える世界を通じて、見えない世界にいたること。面白かったぁ。図書館

2018/09/30

しろのあ

作品だけ見ていた時は「なんか奇抜なことをする人」くらいの感想でしたが、この本を読んですごく考え方が変わりました。感性もしなやかで、包容力もないといろいろな美に気が付けないわけですね。もっと素直に作品に向き合ってみたいです。「ふしあわせという美しさ」「明るくて暗い絵」、モンドリアンはレントゲン写真など名画にたいする解説が面白い。芸術は「深く行きつくこと」との考察が分かりやすい文で書かれていて、全編読み応えがありました。

2014/09/29

とやまっこ

サイン本。カバーを取ってビックリ!

2016/07/27

さくは

2011年版。中高生に向けて美について語りかけている本。自身の作品や元になった絵画などを挙げながら、様々な美について考えることを促してくれる。寄せられた質問に答えるページもあり。

2016/03/14

感想・レビューをもっと見る