読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

オンナらしさ入門(笑) (よりみちパン!セ)

オンナらしさ入門(笑) (よりみちパン!セ)

オンナらしさ入門(笑) (よりみちパン!セ)

作家
小倉千加子
出版社
イースト・プレス
発売日
2012-09-21
ISBN
9784781690438
amazonで購入する

オンナらしさ入門(笑) (よりみちパン!セ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みゃーこ

尊敬する人から勧められて…。おもしろかったしわかりやすかった。でもちょっとベタだな~と思いながら…。女だからどうこうって意識が相変わらず自分には自覚が低いように思ってしまう。もっとこういうことに敏感であらねばいろいろ息苦しい部分の原因を見過ごしがちになってきてたのかもしれない。

2013/07/11

アマニョッキ

「お砂糖とスパイスと爆発的ななにか」を予約したつもりが、図書館から届いたのはこちらの本でした。多分酔ってた。それかすごく疲れてた。多分中学生向けかなと思いますが、著者の考え方は少し偏っているような気がしてあまり楽しめませんでした。お母さん嫌いなのかしら?あと「お砂糖とスパイスと爆発的な~」の方は疲れてない素面の状態で改めて調べてみたら図書館にはなかったので、きちんと買い求めたいと思います。

2019/08/05

夜兎

パンドラの箱。思春期に読んだら多分絶望する。遠回しに毒親についても書いているような。

2016/12/03

ひまり

決して「女らしい人になりましょう」とレクチャーしてる本ではなく。女と生まれたら否応なく背負ってしまう「女らしさ」のクビキについての解説でした。先天的に持ってしまう性質みたいなものと、後天的な母親や社会からの刷込みと。児童書のていで、中学生くらいの子を対象にしてる感じなんですけど、内容は結構キツいなぁ。混乱しそう。頷ける説、そうでもない説半々という感じでした。文章から「お母さんと男性、嫌いなの???」という感じの冷たさを感じてしまいます。

2015/11/08

tora

女らしさなんて!と嫌がってるわりには「女はこうだ!」と決めつけてる事もかなりあるのが悲しい。それがこの人が逃げたいと思っている呪いなんだろうな。

2017/10/29

感想・レビューをもっと見る