読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

随筆 衣食住

随筆 衣食住

随筆 衣食住

作家
志賀直哉
出版社
三月書房
発売日
0000-00-00
ISBN
9784782602164
amazonで購入する

随筆 衣食住 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

cozy

リズム「すぐれた人間の仕事-する事、いう事、書く事、何でもいいが、それに触れるのは実に愉快なものだ。自分にも同じものが何処かにある、それを目覚まされる。精神がひきしまる。こうしてはいられないと思う。仕事に対する意志を自身はっきり感ずる。この快感は特別なものだ。いい言葉でも、いい絵でも、いい小説でも、本当にいいものは必ずそういう作用を人に起す。」そんな本。考え方が違うのは時代が違うからか、たまに違和感があるけど、気にならない。芸術の話や、菊池寛や芥川龍之介、太宰治との話も面白かった。

2014/04/05

yuma

松浦弥太郎さんがお勧めしていたので手にとった。瑞々しい感性と清潔感のある歯切れの良い文章に好感を覚え、時たま読み返す。小説も読んでみたい。

Shin

高校の教科書に収められていた「濠端の住まい」という小説を読んで初めて著者の文章に触れた。著者の文章には何気ない生活の流れを静かに愛おしく捉える視点があり、私はその点で非常にこの著者の文章が好きである。この随筆集はまさにそれが存分に楽しめる本である。

2015/08/01

Katsumasa Kishi

大正〜昭和初期の文化人としてのアッパークラスな日々の記録。名文『城の崎にて』がやはり秀逸。一人きりで誰も話し相手がいない城崎温泉で、ふと見つける死んだ蜂、子供達に殺される鼠、そして、たまたま著者が殺してしまった蠑螈(いもり)… ここで描かれるダーク、孤独感、静謐そして死。その中に時折見え隠れするヒューマニティ、生命感とのバランスが、私は大好き。

2014/07/13

感想・レビューをもっと見る