読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

認知科学の基底

認知科学の基底

認知科学の基底

作家
M. ミンスキー
佐伯胖
出版社
産業図書
発売日
0000-00-00
ISBN
9784782800294
amazonで購入する

認知科学の基底 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

roughfractus02

人工知能開発の本格化と共に、認識論が哲学や行動科学から工学にシフトする第二次大戦後、これまで認識と見なされていた概念はパターン認識とし、環境や身体に関わる心と意識と記憶の関係全体を探る認知科学が登場する。本書はその基底をニューラルネットワークに置き、形式ニューロン(マカラック,ピッツ)を経てブームを起こしたパーセプトロン(ローゼンブラッド)を批判したミンスキー「K結線」を筆頭に、80年代の可能性をレイコフ/ジョンソン、サール、コラーズ/スマイズ、ドイル、チャーニアックが論じ、デネットがその見取り図を描く。

2021/12/07

感想・レビューをもっと見る