読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

生物から見た世界

生物から見た世界

生物から見た世界

作家
ヤーコプ・フォン ユクスキュル
ゲオルク・クリサート
Jakob von Uexk¨ull
Georg Kriszat
日高敏隆
野田 保之
出版社
新思索社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784783502050
amazonで購入する

生物から見た世界 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

大道寺

なんで岩波文庫版ではないのか!? たまたま八重洲ブックセンターのバーゲンブックで見つけて、その時は有名な本とも知らず題名だけ見て面白そうだと思って買ってきたのだった。岩波文庫で出ていると知っていたらそっちを買っていたね。そして積読しているうちに國分功一郎『暇と退屈の倫理学』が出た。読んだ。本書『生物から見た世界』が出てきた。岩波版とは違って本書では環世界(Umwelt)のことを環境世界と言っている。内容はタイトルの通りで、具体的な例がたくさん出てくる。(1/3)

2012/06/06

亀山正喜

頭の良い利用者さんから紹介されて読んでみた。現在自己理解をテーマに色々と本を読んでいるが、仏教の唯識と並び、ただ「自分の環世界」があるだけということに気付いた。それが他の人間にも、ダニにも、ハチにも、クモにも、ハエにもある。ただそれだけ。生きていることに意味があるか?この本からは「ある」と私は読んだ。私達は意図せずとも相互の環世界に影響を与えながら生きている。それが良いか悪いかなど測れはしない。ただ、生きているだけで何かにとっての意味はある。自分にとっての環世界を理解していきたい。

2020/10/11

★★★★★

生物はそれぞれが主体である「環境世界」に生きている、というのが基本アイデア。いま見えている世界はわれわれ人間にとってのみの世界であり、犬あるいはダニといった他の生物はまったく異なる世界に生きているということを、豊富な事例を基に論じている本でした。非常に面白かった。生物学者になればよかったぜ。

2012/02/12

takao

生物から見た世界

2017/01/12

takao

見えてるものがすべてだろう。本人(その生物)は白黒の世界とは思っていない。

2017/01/12

感想・レビューをもっと見る