読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

欄外紀行

欄外紀行

欄外紀行

作家
天沢退二郎
出版社
思潮社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784783703372
amazonで購入する

ジャンル

欄外紀行 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

四不人

学生時代に買って何度目かの再読。詩篇ではあるが、韻文と言うよりは短い散文。幻想小説の断章かシノプシスみたい。幾度も出てくる「青黒い服」「酸模」とか登場人物「K」「A」「妻」、舞台としての大学と病院。天沢さんに詳しい人なら、何のシンボルなのか、誰がモデルなのか判るんだろうか。わかんなくても、豊かなイメージに流されて結局最後まで読んじゃう。冒頭の詩篇Ⅰ酸模青の「さらさらさらさらと さっきから魔物のけはいがする」という書き出しを店頭で読んで、思わず買っちゃったんだっけ、かつて。あの時、手に取って良かった。

2020/09/21

渡邊利道

80年代の終わりから90年代にかけて現代詩手帖で続けられた連載詩。土地への沈潜と濫觴はいよいよ軽く、行分け詩はいかにも流行歌や実験詩に近づく。時代から遊離する身振りが全て何かの反復であるような独特の在り方は、80年代詩が60年代詩の反復であったのを想起させるアイロニー。

2017/02/03

misui

再読。ちょっともたれる。

2010/05/01

misui

再読。

2009/04/30

感想・レビューをもっと見る