読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

わたしはあんじゅひめ子である―伊藤比呂美詩集

わたしはあんじゅひめ子である―伊藤比呂美詩集

わたしはあんじゅひめ子である―伊藤比呂美詩集

作家
伊藤比呂美
出版社
思潮社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784783704713
amazonで購入する

ジャンル

わたしはあんじゅひめ子である―伊藤比呂美詩集 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

少し前、白熱電球が切れて点かなくなった。取り外して振ってみると、欠落したフィラメントが聴いたことのない美しい音色で鳴る。しゃりしゃり。きらきら。ちりちり?硝子の中で飛び跳ねるフィラメントは見えず、奏でられる音は名状しがたいけど、何故だか心惹きつけられる。彼女の詩は、心の奥底をあのフィラメントの様に震わせてくる。何故だか心惹きつけられる。本作は初期作品と比較して客体寄りであるので、読みやすかったと共に物足りない気も。滅ぼしておめでとうございますを、ハッピーデストロイイングと仮訳していて雰囲気出てなくて笑った

2014/02/05

感想・レビューをもっと見る