読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

続続・田村隆一詩集 (現代詩文庫)

続続・田村隆一詩集 (現代詩文庫)

続続・田村隆一詩集 (現代詩文庫)

作家
田村隆一
出版社
思潮社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784783708780
amazonで購入する

ジャンル

続続・田村隆一詩集 (現代詩文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

野原の/細い道を歩いて行ったら/多摩川の上流に出た/対岸では/釣人が二人糸を垂れている/あれは観念形態ではない/まさしく人である/ぼくは眠くなって雑草のなかに横たわる/すると/垂直軸がまたたくうちに回転して/水平軸がぼくの観念形態をつらぬく/ゴシックは崩壊し/エロスの曲線が生れ色彩がほとばしり/水の匂いがひろがってくる (「緑色の観念形態」)

2019/03/24

H

単語、言葉選びは彼自身のものなのだけれど、組み合わせ、使い方に経年の変化を感じる。独特の冷たさ、生硬さ、言語への恐々とした触り方は身をひそめ、あたりの平穏でのんびりとした詩になっている。若さゆえの、全ての物事への恐怖心、緊張は持続し難いものなんだろうか、と読みながら考えて、複雑な気持ちになった。

2016/01/13

misui

もはや詩と一体化して、語ることが全て詩になるといった趣さえある。世間に毒づき、喪失を感じ、昔語りで時を過ごし……と、やっていることは完全に年寄りの繰り言なのだが、本人は自覚して晩節を汚しているのだし(この灰の中からダイヤモンドを探せとか言ってる)、詩人の死ぬ身の一踊りには同じく詩を書く人間として神妙にならざるを得ない。ハードボイルドに生きて書いたのだから、のたうち回って泥にまみれて死ぬのは必然なのだ。

2014/04/16

sk

思い出ばかり語っちゃっていいのかなあ。水平的ですよ、田村さん。

2010/08/11

なかたつ

戦後の「荒地」世代として、戦後と言う倫理を自覚しながら背負った田村の晩年は、 「物」へとなってしまう恐怖と戦わざるを得なかった。「一篇の詩が生まれるためには、たくさんのものを殺さなければならない」とまで書いてしまった田村は、その言葉を背負わなければならなかった。しかし、いつしか「われわれ」であった私は「俺」となり、時には「彼」を描くことを始める。いい意味で、私への執着が表れているように思う。

2013/11/07

感想・レビューをもっと見る