読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

続・天沢退二郎詩集 (現代詩文庫)

続・天沢退二郎詩集 (現代詩文庫)

続・天沢退二郎詩集 (現代詩文庫)

作家
天沢退二郎
出版社
思潮社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784783708797
amazonで購入する

ジャンル

続・天沢退二郎詩集 (現代詩文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

渡邊利道

少年期の詩編がすでにして凄い。ほかに『時間錯誤』『血と野菜』『取経譚』全編『譚海』『「評伝オルフェ」の試み』『夜々の旅』『Les Invisibles 目に見えぬものたち』全編『死者の砦』から選ぶ。移動すること、水のモチーフが氾濫しつつ、土地・建物のイメージがゆっくりあらわれる。物語詩がだんだん際立っていく過程とも読める。この裏面に昨日読んだような童話の世界、それにあの宮澤賢治校訂作業があるわけだ。

2017/02/02

misui

続でようやくらしくなってきた。集中の白眉は「Les Invisibles 目に見えぬものたち」。全51篇の中に「花見川流異記」という詩群を書中の川のように含む詩集は、天沢作品における水のイメージと彼方への衝動の重なりを見事に示している。これは詩だけではなく童話にまで溢れ出る「水」を読み解く上で重要だろう。「雨は降り注ぎ川は流れる。作品は降り注ぎ物語は流れる。」と端的に表す解説も嬉しい。

2010/06/17

桜井夕也

『天沢退二郎詩集』はシュルレアリスムのオートマティスムを思い起こさせるイメージの衝突が面白かったが、この本にはそれがなく、私には楽しめなかった。

2014/02/23

感想・レビューをもっと見る