読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

暴力としての言語―詩論まで時速100キロ

暴力としての言語―詩論まで時速100キロ

暴力としての言語―詩論まで時速100キロ

作家
寺山修司
出版社
思潮社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784783714675
amazonで購入する

暴力としての言語―詩論まで時速100キロ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

クローカ

詩人ならではのハッとさせられる言葉で綴られる詩論。印刷物としての詩を権力とし、オルタナティヴな、権力に抗う詩を暴力とする。言葉の力、詩の力がどこまで作用し、また何を超えられるのか。想像していたものとは少し違いましたが、勉強になり、大いに思索の助けとなりました。こういう素晴らしい文章こそ文庫で手元に置いておきたいものです。復刊求む。

2012/02/26

感想・レビューをもっと見る