読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

詩集 谷川俊太郎

詩集 谷川俊太郎

詩集 谷川俊太郎

作家
谷川俊太郎
出版社
思潮社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784783723141
amazonで購入する

詩集 谷川俊太郎 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

へくとぱすかる

「定義」以後の思潮社版の詩集を合本。でもまだ20世紀の範囲内。谷川さんは21世紀の今も詩を作り続けている。「詩人なんて呼ばれて」という、本のタイトルになった一行を含む詩もある。浩瀚だから、気に入った作品を紹介するのも大変。『世間知ラズ』の後半、詩で書いた詩論のような作品が印象的だ。70歳近くなった時期に、詩作や人生を振り返って、悟ったかのような作品が目立つ。いやいや、詩人のことだ。これからいくらでも転回を見せてくれそうな気がする。

2019/05/28

白義

タイトルからは分かりにくいですが谷川俊太郎の詩全集三巻目。定義集など前衛的でいかにもな現代詩が増えてきましたが、言葉選びのセンスや遊び心、エロティシズムにやはり谷川俊太郎さんと実感します。この、現代的な生活臭と世界視線的な抽象性と原始的な感じ、それにこっちにそっぽむいてるようで分かる気がする独特の前衛っぽさがたまらない。これで2002年までの詩は収まってるわけですがどうかその後の詩を収録した四冊目も出てほしいものです

2011/07/17

ティス@考える豚

言葉のカタログ。誰でも雑記帳さえあればそれを読むといい。詩集になる。

2014/04/18

ヤスミン

全体としては散文的なものが多いのだが自身の詩についての詩の中に見える言葉には説得力がある。どれも好きだが『コカコーラ・レッスン』がユニークで一番面白い。

2010/09/23

takejin

理系向けの詩集です。日本語のカタログが好きです。 この人が集めてくると詩になり、筒井が集めると小説になる。面白い。

2012/09/07

感想・レビューをもっと見る