読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

谷川俊太郎詩集

谷川俊太郎詩集

谷川俊太郎詩集

作家
谷川俊太郎
出版社
思潮社
発売日
2002-01-01
ISBN
9784783723158
amazonで購入する

谷川俊太郎詩集 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

白義

子どもの頃、夜空の星を考えた時に感じたえもいわれぬ孤独感、存在の不安。そうした感覚を思い出す詩が多かったです。その自由な言葉の選び方、イメージの鮮烈さ、それに込められた重い何かの密度。しかしそれに対し、考え詰めた一瞬からふっとくしゃみをする軽やかさ。二十億光年の孤独から21まで初期の谷川俊太郎の詩を集大成した豪華本です。読むと言葉と世界への感覚が開かれていくでしょう。最高の言葉の宝石箱

2011/07/13

シゲミ

澄明に見えてわずかに澱んでる、あったかい春の湖のイメージ

2015/01/04

まーなん

だいたい見開き1ページにつき詩が一つ、とかなり余白がある贅沢な構成。しかしこの空白がないと谷川さんの形容詞は紙に収まりきらない。それほど彼の世界観は広大で、読者の想像力を掻き立ててくれます。

2013/10/29

ヤスミン

これだけあれば玉石混交になるのも仕方がない。心に響く詩や言葉が数多くある。常人には考えられない比喩、ユニークな言葉遣い、異常なまでの追求、正に自由自在な巨匠ならではである。

2010/09/16

だいふくまめ

言葉の選び方がおもしろいです。谷川さんの世界は広いなあと思います。

2013/12/17

感想・レビューをもっと見る