読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

赤牛と質量

赤牛と質量

赤牛と質量

作家
小池昌代
出版社
思潮社
発売日
2018-11-08
ISBN
9784783736417
amazonで購入する

赤牛と質量 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

けんとまん1007

ふと、こんなことを思う瞬間が、日々の暮らしの中にある・・と、最初の読後感だ。人は、ふと振り返ることで、自分の、自分の周囲の見方が変わること、気づくことがある。自分の立ち位置はどこにあるのか?

2018/12/28

mick

あらためて詩は難しいと感じてしまう。書いてあるままを受け入れようとすればするほどあれこれ考えてしまうがそれも詩の力か。

2019/01/15

エイサノオト

いい人がつくった朝食がまずかったんだなあ。

2019/01/12

感想・レビューをもっと見る