読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アンソロジーしずおか戦国の城

アンソロジーしずおか戦国の城

アンソロジーしずおか戦国の城

作家
芦辺拓
永井 紗耶子
谷津矢車
坂井 希久子
杉山 大二郎
蒲原二郎
彩戸 ゆめ
鈴木英治
早見俊
秋山香乃
出版社
静岡新聞社
発売日
2020-09-16
ISBN
9784783811213
amazonで購入する

アンソロジーしずおか戦国の城 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ポチ

10人の作家による文字通り戦国時代の静岡での戦い10編。知らなかった戦もあり楽しく読了。ボンボンでは無い思ってもいなかった今川氏真がいた。最新の研究された今川氏真を読んでみたくなった。

2020/10/10

kanki

城巡りしたくなる。今川、武田、北条、徳川の戦いに思いを馳せて♪

2020/11/06

奈緒

静岡のお城案内かと思ったら(お城案内もちょっとだけある)、戦国時代の攻城戦での話だった。 主に敗者側からの目線で、攻めてくる織田とか徳川とか武田とかとの駆け引きがとても面白い! 普段読まない作家さんの文を読めるのは、アンソロジーならではだね。 そして私の今川に対する印象が変わった。氏真って思ってたよりずっとデキる男! これから鈴木秋山両氏の今川本を読む上での、とても良い予習になった気分。

2020/11/20

ゆきこ

静岡県人でありながら、知らないお城や戦いがあったのだと知った。

2020/10/25

感想・レビューをもっと見る