読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

それでも町は廻っている 11 (ヤングキングコミックス)

それでも町は廻っている 11 (ヤングキングコミックス)

それでも町は廻っている 11 (ヤングキングコミックス)

作家
石黒正数
出版社
少年画報社
発売日
2013-02-28
ISBN
9784785940270
amazonで購入する Kindle版を購入する

それでも町は廻っている 11 (ヤングキングコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゼロ

今回はオカルト、ミステリー、ホラーと少し不思議な(SF)話が多かった気はします。「闇に潜む声」は、知らないからこそ陥る謎であったし、「夕闇の町」は、子供の時に見た幻想を上手く表現しているし、「陰謀は霧の中」は、事実を知らないからこそ幸せなことでいられると教えてくれたりと、バラエティ溢れていて面白かった。この作品は、ちょっとした謎を膨らませていくから面白いのかもしれません。あとがきに書いてましたが、時系列がバラバラなので、いつか時系列順に読むことができたらなあと思いました。

2017/12/09

exsoy

う◯ぎの話が怖かった。実際何使ってるかわからんもんねぇ…

2013/03/03

星野流人

今回は主に怖いエピソードを収録した「恐怖それ町」巻。 個人的お気に入りは「非行少年飛行少女群像劇」「ミラクルスーパーラッキー指輪」。特に指輪のエピソードでは、久しぶりに歩鳥とモリアーキーのがっつりした絡みが見られて良かった。いやあ、このエピソードを読むと、歩鳥の人のよさがよく伝わってくる。歩鳥は少々学生としての出来は悪いかもしれないけれど、でも人として優れているんだよ、やっぱり。怖い系・不思議系という点では「夕闇の町」が印象的だった。 趣味オタク寄り告白のタッツンが可愛かった。 こらしゃー! 8/10点

2013/02/28

mt.gucti

恐怖特集です。とあったのを忘れて、夜中に読んでしまい、本気でゾーッとした絵が何枚かありました(´・д・`)。でも、この巻まできて、まだ尽きない前の巻との繋がり。新しいの出るたびに全巻読み返しですねこれわ。

2015/03/22

exsoy

再読。もし芸能人が町を歩いていても絶対気づかない自信があります。

2016/06/05

感想・レビューをもっと見る