読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

吉田類の思い出酒場 横丁の味編 (思い出食堂コミックス)

吉田類の思い出酒場 横丁の味編 (思い出食堂コミックス)

吉田類の思い出酒場 横丁の味編 (思い出食堂コミックス)

作家
吉田類
井上眞改
出版社
少年画報社
発売日
2014-12-01
ISBN
9784785954390
amazonで購入する Kindle版を購入する

「吉田類の思い出酒場 横丁の味編 (思い出食堂コミックス)」のおすすめレビュー

「今宵もちょっと一杯」読めば飲みたくなる吉田類の酒場案内

『吉田類の思い出酒場 路地裏の味編(思い出食堂コミックス)』(吉田 類:企画・原案、井上眞改:漫画/少年画報社)

 仕事も終わった。「さてどこかで一杯…」なんて言うのはおじさんだけだと思いますか? いえいえ、いま大衆酒場がブームになっているそうです。大衆酒場とは昔ながらのレトロな雰囲気の中、美味しいお酒や、そのお店ならではの肴(さかな)をリーズナブルに楽しめる場所。おしゃれ過ぎないので、筆者のようなおじさんでもひとりでも入れる、まさに呑兵衛のパラダイス。ブームと言われて、確かにお店で周りを見渡すと、若い人や女性ひとりの姿も見かけます。なんと女子会まで大衆酒場で行われているのだとか。

 そんな大衆酒場をこよなく愛する吉田類さんを知っていますか? 吉田さんおすすめ酒場を描いたのが本作『吉田類の思い出酒場 路地裏の味編(思い出食堂コミックス)』(吉田 類:企画・原案、井上眞改:漫画/少年画報社)。

 高知県出身の吉田氏は画家、イラストレーターとして活動し、酒場などの記事執筆も行う“酒場詩人”。お酒や酒場をテーマとした著作も多く出版されています。さらにテレ…

2018/2/14

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

吉田類の思い出酒場 横丁の味編 (思い出食堂コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

へへろ~本舗

テレビを見るのが苦手で、というか本を読んでてテレビまで手が回らなくていつも見損なっている「酒場放浪記」がコミックとなっていたので早速購入。いいなぁ、行ってみたいなあ、横丁酒場。それにしてもジョッキ三杯迄が休肝日って…羨ましすぎる、吉田さんの頑強な肝臓、尿酸値、血糖値がぁ!

2014/12/21

niz001

2冊目出たよ。おー、自分がTVで吉田類さんが行ってるのを見た事ある店が出てきはじめたw。

2014/12/01

かぽかぽ

吉田類さんの世界観というか、一緒に飲みたいと思わせる部分をうまくコミカライズしてくれている名書ですね!

2017/08/20

番組を見てるときもそうだけど、一緒になって『何呑もうかな』『何食べようかな』という気分になります。焼き鳥に刺身に日本酒…はぁ、呑みに行きたい。

2015/04/16

ikedama99

ようやく読了。TV番組とあわせて読んでいた。「七面鳥」、「赤垣」が特に良かった。ゆっくり楽しみました。これからも、TVと一緒に楽しみたいですね。

2015/01/07

感想・レビューをもっと見る