読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

MUJIN -無尽- 3巻 (ヤングキングコミックス)

MUJIN -無尽- 3巻 (ヤングキングコミックス)

MUJIN -無尽- 3巻 (ヤングキングコミックス)

作家
岡田屋鉄蔵
出版社
少年画報社
発売日
2016-06-30
ISBN
9784785958060
amazonで購入する Kindle版を購入する

MUJIN -無尽- 3巻 (ヤングキングコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

り こ む ん

表紙は沖田かな?試合の迫力たるや!読んでる方が息をのむ。ちょいちょい、かっちゃんと 歳サンが笑えるのだけど…時は井伊直弼の安政の大獄。じわじわ…じわじわ…激動の大河へ近づいてゆく八郎たち。二巻までは、肌に感じていない空気が、感じられるように…今の時代なら無邪気で居られたろうに…どんどん大人になってゆくな。

2016/06/30

せ〜ちゃん

★★★★★ 作者買い♡ 絶対次も買う!!←2巻でも同じこと書いた♡

2017/03/04

ネムコ

沖田総司キターっ! やっぱりテンション上がりますね。しかし色黒の総司は初めて見たなぁ。牛蒡とか言われてるし(笑)。八郎と沖田の試合は凄かった。ホントに八郎くんは良い子だな。これから動乱の時代に巻き込まれてゆくと思うと心が痛みます。でも楽しみ!

2016/07/03

ゆき

沖田が登場しました!色黒な沖田とはwでも良い!!表紙の眼光鋭い沖田とは違って、登場した時の沖田は目が開いてるか開いてないか分からないノリも軽いおふざけ気味のキャラだったので、あれ?だいぶ表紙と違うな?!と思っていたら、試合モードに入った途端、目をカッと見開き、表紙の沖田の表情に入ったのがゾクっとしました!八郎との試合の迫力!!素晴らしいです。早く続きが読みたい!!

2016/08/12

眠る山猫屋

鬼対天狗!これはどこまで史実なんですか?後々の遊撃隊と新撰組との共闘を考えると、物凄く有り得る展開ではありますが。まぁ虚実どちらでも、非常に面白いんですが。世相がキナ臭くなってきた時代を背景に、町人と武家の解離も伝えつつ、物語は動乱へ。大切な家を守りながら、時代に流されない生きざまを選ぶ八郎が、その人生が美し過ぎます。

2017/03/28

感想・レビューをもっと見る