読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ざせつ男とまんが少女 (ヤングキングコミックス)

ざせつ男とまんが少女 (ヤングキングコミックス)

ざせつ男とまんが少女 (ヤングキングコミックス)

作家
石田敦子
出版社
少年画報社
発売日
2018-02-28
ISBN
9784785961695
amazonで購入する Kindle版を購入する

ざせつ男とまんが少女 (ヤングキングコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

コンチャン

1巻読み切りの青春マンガって感じでさくさく読めました。挫折するということは、その後の行動にプラスに作用することもあるのだと、これを読めば思えます。

2018/05/08

がっちゃん

ひさびさに石田敦子作品のアツい部分にグイグイとのめり込めた。いや、引き摺り込まれた。 儚くて、移ろいやすく、流行りすたりと人の入れ替わりが交錯する、悲喜こもごもの世界のド真ん中を長く歩んできた人の作品だなぁ、と。3月、この季節に読めて良かったです。

2018/03/01

口無

『アニメがお仕事!』を読んだとき、苦いけど清々しい終わり方がとても心地よかったんですが、本作を読んで、あの苦さと清々しさの正体が挫折だったんだと気づきました。挫折を経験した人間のマンガは面白い。心を十分に痛めているから、どんどん魅力的になっていく。これから2人でどこまで行くのか、是非ともマンガで読みたいな!

2018/03/05

MS009

やっぱり、若いうちにちゃんと挫折せなあかんのう。この漫画読んでるだけで、昔のこと思い出して“いーーー!”ってなった。カバー裏の絵うまいじゃん。

2018/03/18

あら

アニメーター漫画の時も思いましたが、敦子先生はクリエイティブな人の物語を描くとき、滅茶苦茶初心者の中の初心者の段階のお話を描きなさるなあという印象です。今回も一度漫画を形にするところですげーーーーどったんばったんしてます。私は既に深田位置なので微笑ましく見つつ時折脛を蹴られる想いです()

2020/05/05

感想・レビューをもっと見る