読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

鬼を飼う 7 (7巻) (ヤングキングコミックス)

鬼を飼う 7 (7巻) (ヤングキングコミックス)

鬼を飼う 7 (7巻) (ヤングキングコミックス)

作家
吉川景都
出版社
少年画報社
発売日
2020-06-30
ISBN
9784785966997
amazonで購入する Kindle版を購入する

鬼を飼う 7 (7巻) (ヤングキングコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

眠る山猫屋

最終巻に相応しい展開だった。アリスの正体がスキュラではなかった事や奇獣商の成り立ちが語られ、ザイードの狂気が開示されていく。ここにきて宍戸の小物感と生い立ちが切なくて切なくて…ただの咬ませ犬じゃん。鷹名の能力は尻窄みになった感もあるが、アリスと共に生きる選択をしちゃうのは予定調和。彼の優しさはそこにしか向かなかったのだろう。巻末の(それほど重要ではなかった人々の)その後の物語がリアルであり、また、優しくもあり…。四王天さんの死に顔が若かりし頃の顔に戻ったように見えたのは…あの頃に還れたのかな。

2020/07/31

しましまこ

予測不能、怒濤の終盤から余韻の残るラスト。面白かった。

2020/07/11

チューリップ

完結。怒涛の展開で色々忙しく感じたりもしたけれど上手くまとまって終わっていて良かった。鷹名があんまり目立っていなかったようにも思えたけど04やザイードとの因縁があるのは四王天の方だしなあ。司が凄くいい奴で良かった。アリスはスキュラではなかったとかそれまで描写されていた事からもう一捻りあったりしてそういう部分が面白かった。

2021/03/16

YS-56

完結。見届けられたのはどんな未来だったのかな。

2020/07/08

感想・レビューをもっと見る