読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

身体の臨界点

身体の臨界点

身体の臨界点

作家
石井達朗
出版社
青弓社
発売日
2006-09-23
ISBN
9784787272195
amazonで購入する

身体の臨界点 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

かみのけモツレク

稗田阿礼トランス状態説に一票

2016/09/16

kokekko

朝日新聞夕刊の文化面に、よく現代舞踊の評を書いている方の、踊りの身体性に関わる作品。ちまちま読んで読了。前半はやや舞踊史エッセイ的、後半は対談集。キリアンへの和気藹々としたインタビューと、最後の言語の身体性に関わる鼎談が興味深かった。音(音楽・言葉)と体のつながりを突き詰めていくと、新しい地平が見えてきそう。

2009/12/24

感想・レビューをもっと見る