読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

怪異を魅せる (怪異の時空)

怪異を魅せる (怪異の時空)

怪異を魅せる (怪異の時空)

作家
飯倉義之
一柳廣孝
出版社
青弓社
発売日
2016-12-01
ISBN
9784787292407
amazonで購入する

怪異を魅せる (怪異の時空) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

へくとぱすかる

各論全体の要約はとうてい無理だが、例えば、泉鏡花の「陽炎座」は、虚構と現実の境界をあいまいにする、みごとな手法だと感じた。松居松葉の読唇術探偵も大正中期にしては先進的。読んでみたい作品。 ところで119ページに、明らかなミスを発見。1933年(昭和8年)に連載された作品が、(19)23年(大正12年)の全集に収録できるはずがない! 111ページの記述から、1919年(大正8年)が正しいと思われる。おそらく大正と昭和を取り違え、にもかかわらず、西暦の方を「訂正」してしまった校正ミスでは。

2016/12/24

集積屋

峰守ひろかず氏のインタビューを目的にし読んだものの他のページはほぼ読めていないので「読んだ」としてしまうのも編者お二人に非常に失礼な気もするのですが該当部レビューということでご容赦を… 初作から基本的に妖怪というモチーフで創作をしてきた氏によるその理由とスタンスについて分かるインタビューであった。氏が見る側として好んでいることが有名な怪獣やSFモチーフとの差異(妖怪の扱いやい点と難しい点)がとてもわかり易く触れられている。アマビコを例にしての使いやすさなどは思い至らない部分でもあり非常に驚いた点でした。

2017/01/31

感想・レビューをもっと見る