読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

近代家族のゆくえ―家族と愛情のパラドックス

近代家族のゆくえ―家族と愛情のパラドックス

近代家族のゆくえ―家族と愛情のパラドックス

作家
山田昌弘
出版社
新曜社
発売日
1994-05-16
ISBN
9784788504905
amazonで購入する

近代家族のゆくえ―家族と愛情のパラドックス / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ポスト存在時代

近代家族は資本主義により生み出されたただ働き強制システムである。「愛情」「母性」「恋愛」などはそれを支えるため(正当化するため)作り出されたサブシステムなのだ。大変良い本だが、ただ一点「記号的愛情に対する真のコミュニケーション」を出すのはよろしくない。そのような普遍化・価値化・義務化をする時点で記号になっているのだ

2012/07/05

ゆうゆう

10ページ以上あるのに10頁ってなってるのはバグなの?本文も面白かったしあとがきも好き。

2009/01/29

ふなし

★★★★★

感想・レビューをもっと見る