読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

佐藤優の地政学リスク講座 一触即発の世界

佐藤優の地政学リスク講座 一触即発の世界

佐藤優の地政学リスク講座 一触即発の世界

作家
佐藤優
出版社
時事通信社
発売日
2017-12-16
ISBN
9784788715400
amazonで購入する

佐藤優の地政学リスク講座 一触即発の世界 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

難しい事は分からないと、遠ざけてしまう政治のことや世界の情勢など・・どこまでが100%本当の事かはわからないが、この本は分かり易く、さもあらんと思った。『よい子になりすぎている』と『役所にとって都合のいいところしか書いてない』記者や出版業界への言葉はやっぱりなぁと手厳しい。ちょっとお勉強をした気になった。気になっただけだから、身に着いたかどうかは別の話(汗)

2018/04/06

サトシ@朝練ファイト

「世間に迎合して本を作る編集者たち」、まずどういう本が損益分岐点を超えるかと考える。そうすると「ヘイト本」「日本礼賛本」「自己啓発本」になる。それ次に納期を守る著者を見つける。主題とは脇道に逸れた項目に目がいってしまった。北方領土関係が極めて分かりやすかったです。

2018/07/01

Happy Like a Honeybee

欠陥英和辞典の研究。尖閣とクリミアの相互承認。ポストモダン、モダン、プレモダン。三つの時間軸。 英語以外の語学を習得する。基礎体力に対し、応用能力を少しつける努力と。

2018/02/06

kiho

わかりやすい解説や記述。国際関係はなかなかニュースだけでは把握できない…だから遠くのことのように思ってしまうが、知っておくべくきこと、結構あるような…。

2018/11/11

ぽー

2017年11月に書かれた本(講演録など)なので北朝鮮情勢は全く違った形になっているけれどそれは著者もたびたび言っている「変数」が多すぎて予測が難しいということなのだろう。まあそれでもこれに書かれているように「核」が南へ移るというシナリオにはならなさそうなので一安心ではあるけれど。横田基地が「朝鮮国連軍後方司令部」であるという話含めヒリヒリするようなネタばかり。

2018/07/03

感想・レビューをもっと見る