読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

むらさき色の滝

むらさき色の滝

むらさき色の滝

作家
帚木蓬生
小泉るみ子
出版社
女子パウロ会
発売日
2014-11-10
ISBN
9784789607438
amazonで購入する

むらさき色の滝 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

グレ

祖母ひとり孫ひとりのエエ話。あれっ博多弁!?と思いきや、作者の帚木蓬生先生は東大卒業後、九大医学部で学ばれたとあり、なあんだしぇんぱいやないですか~(嘘)さては福岡ならば、女優の黒木瞳さんの故郷の黒木町の大藤を元にしたのかな??

2018/10/24

パスティル

籠作り名人のおばあちゃんと両親を亡くした主人公の生活で、ある日おばあちゃんが病になり亡くなってしまう。嘘はいけない。でも、生活するにはしかたないか。それは、祖母から言われた約束事を破ってしまったから。でも奇跡は起こる。1日だけ紫色の滝が見えたから。いろいろ考えられた絵本でした。でもお話のつづきはあとがきにのせず、絵の続きが欲しかった。まず、子供は読まないから。

2014/11/24

鬼山とんぼ

著者のファンで出たものは全部読むつもりなので手にした。

2016/05/23

くねくねさん

「破ってもいい約束」と「ついてもいいウソ」があるということが感じられる。

2019/11/14

感想・レビューをもっと見る