読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大槻ケンヂのザ・対談 猫対犬

大槻ケンヂのザ・対談 猫対犬

大槻ケンヂのザ・対談 猫対犬

作家
大槻ケンヂ
出版社
エムオンエンターテイメント
発売日
2002-12-19
ISBN
9784789719636
amazonで購入する

大槻ケンヂのザ・対談 猫対犬 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みっか

水戸(華之助) でもね、バンドも5年以上やっちゃうと本質的な意味での解散はないね。それはすごい実感した。なんていうのかな、解散させた本人も知らないどこかにあるみたい。バンドっていうものは。ファンの子にとってもそれぞれの青春だったりなにかだったりとかして。その集合体みたいなことだと思うんだよね、意志の。それが自分の知らないどこかにいて、しかも成長してるね。

2015/03/07

くさてる

約30ものバンドやアーティストとの対談が収められています。意外な人選(間寛平、氷川きよし)もあればやっぱりというひと(水戸華之介、LA-PPISCH)もいたり。ヴィジュアル系(Dir en grey、Mana、Raphael他)もしっかり押さえてます。個人的には、大正九年と犬神サーカス団が嬉しかったです。数が多いぶん、対談自体は残念ながら短くて物足りない感じです。(なので、オーケンが若いバンドに向かって『遊んでる?俺らの頃はスゴかったぜ!』と云ってるうちに終わってしまう感が…(笑)

2006/09/24

KTPA

大正九年と知り合いとは知らなんだ。

感想・レビューをもっと見る