読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

このケータイからは、あなたにメールしてない、私。

このケータイからは、あなたにメールしてない、私。

このケータイからは、あなたにメールしてない、私。

作家
北川悦吏子
出版社
ソニーマガジンズ
発売日
0000-00-00
ISBN
9784789733694
amazonで購入する

このケータイからは、あなたにメールしてない、私。 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

nohamana

さすが北川悦吏子様! 「恋心」解ってられる。 夢見がちな恋真っ只中ではなく、恋の始まり... そして恋の終わり... の気持ちって心の痛み方が違うが印象強く残るもの。 タイトルだけでは意味深?? だったりするが、読んでみて恋心の奥深さみたいなものを感じました。

2017/04/10

shortcake

随分前に購入して、読んだ覚えがなかったので読みました。メールを心待ちにしてた頃とかを思い出して共感。ただ最近はLINEとかも普及してきて(私はやってないけど)既読とかも付くから、こんな気持ちになる事は少ないんだろうなー?とも思った。そう思うと手紙やメールは素敵だなと思う。

2017/01/11

June

人気シナリオライター北川悦吏子さんによるドラマの断片のような短い恋のお話たち。この方、誕生日がクリスマスイブなんだ。色んな誕生日があったのかな?ちょっと想像してみたりして。後書きで、恋の始まりと終わりの話が多いことに気付いた、とある。確かに、これから始まるときめき、期待感、失って突きつけられる胸を引き裂くような痛み、って特別だよな。「ケイコに電話しよ」がじんときた。古本コーナーで見つけ手に取ってみた。

2014/07/21

☆まめまめ☆

先日のアナザースカイに出演されていた北川悦吏子さん。図書館で見つけて読みました。 いくつになって読んでも心にぐっとくるお話しでした。

2019/01/20

よしりん

うん、若かった(笑) 携帯のない時代と今とじゃ恋愛事情も違うんだろうな~便利になった部分もあるだろうけどなくなってしまった良かった部分もあるんじゃないかなっ!

2014/04/22

感想・レビューをもっと見る