読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

どっちーぬくん (ひまわりえほんシリーズ)

どっちーぬくん (ひまわりえほんシリーズ)

どっちーぬくん (ひまわりえほんシリーズ)

作家
あきやまただし
出版社
鈴木出版
発売日
0000-00-00
ISBN
9784790250777
amazonで購入する

ジャンル

どっちーぬくん (ひまわりえほんシリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

白い雲。。

比べられないことを比べさせようとする人っているなぁ。「たまごにいちゃん」の作者で納得。

2018/06/07

ゆー

くらべるまでもないことだから、比べるどっちーぬくんの質問にキョトンという感じだったということかな?比べるものもあれば比べられないものもあるってことだな。次女は「どっちーぬくん」と言っていて気に入ったみたい。3歳5ヶ月/1歳7ヶ月。

2017/07/28

mari

再読→解釈が難しい絵本として、色んな人の意見を聞いてみたい!学校の道徳?でも先生が読んでくれたらしいけど、娘はやっぱり腑に落ちなかったよう。。長女が一年生になったとき、友達との遊びの誘いでつまづいたときに見つけて読んだ本。なかなか考えさせますが、本は途中でやめたっていいし、ご飯や歯磨きは友達より大事と思うし、と作者の意図をなかなか読み取れなかった思い出があります。やることはきちんとやろうよ、友達とそれは比べるものでない、ということかな。

2014/02/21

遠い日

080903【読書ノート/ひとことメモ】友だちと遊びたい気持ちが先走る。

2008/09/03

629re

みんなとおにごっこできてよかったね!

2011/04/23

感想・レビューをもっと見る