読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

からすのたまごにいちゃん (ひまわりえほんシリーズ)

からすのたまごにいちゃん (ひまわりえほんシリーズ)

からすのたまごにいちゃん (ひまわりえほんシリーズ)

作家
あきやまただし
出版社
鈴木出版
発売日
2007-05-01
ISBN
9784790251699
amazonで購入する

ジャンル

からすのたまごにいちゃん (ひまわりえほんシリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たまきら

ははあ、彼にはそんなルーツが!オタマさん「えっ?そうだっけ?」…あんなに好きなシリーズなのに…。

2018/09/26

そら

このシリーズではちょっと悪役のからすが主人公。そうか、別に意地悪してるんじゃなかったんだ(^^)。忙しい母親とか、いたずらっ子の心理とか、深読みしたくなるけどそんな野暮なことはほどほどにして楽しめばいい。可愛かった!

2017/08/27

コロナウィルスに怯える雨巫女。

《図書館》カラスもたまごにいちゃんだったんだ。たまごにいちゃんを追い掛ける謎も溶けて満足。

2011/12/04

ちみたんママ

〈息子食いつき度〉★★★★☆〈私気に入り度〉★★★★☆ 3歳のときハマったシリーズ。前は適当な順番で借りたけど、次は「たまごにいちゃん」と「カラスのたまごにいちゃん」を絶対にセットで読み聞かせようと決めてました。カラス君にはカラス君の思いがあることをわかってほしくて。今4歳の息子がいじめっ子になるか、いじめられっ子になるかわからないけど…。どっちにもなってほしくないけど、単なる思いやりとか気遣いじゃなく、人の気持ちを推し量るってことを、何となくわかってくれたらいいなーと思います。

2020/10/03

本読みじいさん

カラスにもちゃんと考えがあるのですね・・・

2012/11/10

感想・レビューをもっと見る