読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ぺんぎんのたまごにいちゃん (ひまわりえほんシリーズ)

ぺんぎんのたまごにいちゃん (ひまわりえほんシリーズ)

ぺんぎんのたまごにいちゃん (ひまわりえほんシリーズ)

作家
あきやまただし
出版社
鈴木出版
発売日
2011-06-01
ISBN
9784790252269
amazonで購入する

ジャンル

ぺんぎんのたまごにいちゃん (ひまわりえほんシリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たーちゃん

いつもお母さんペンギンにくっついてるたまごにいちゃん。お母さんのピンチについにたまごを脱ぐことに…。息子は「たまごにいちゃん強いんだねー!」と驚いていました。

2021/11/12

くぅ

たまごにいちゃん、甘えん坊だけどすごくお母さん思いだこと。シリーズ化されてる最後の方のを読んじゃったみたいだけれど、最初から読んでみようかな。しかし、お母さんが突然復活してるからページを飛ばしちゃったかと思いました、私。(3歳3か月)

2020/08/19

ぱお

大好きなお母さんのためなら!たまごにいちゃん、かっこよかったです。

2016/02/21

ぱお

また読んじゃいました(^^♪暑いときにピッタリな涼しいかんじだからかな。「ちょっとまえまで たまごだったことなんて もうすっかり わすれちゃってます」のところ、ふふふ(^^♪

2014/08/06

サルビア

ぺんぎんのたまごにいちゃんは、たまごのからがついたまま、おかあさんにいつもくっついていました。けれど、あるとき、おかあさんがたおれていつまでも起き上がらないので、たまごにいちゃんは、ついにからから出る決意をします。そうして、たおれたおかあさんを背負ってうちまで帰ります。 からから出たにいちゃんがつよいのには驚きます。

2015/03/16

感想・レビューをもっと見る