読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

しょうがつがくると (ひまわりえほんシリーズ)

しょうがつがくると (ひまわりえほんシリーズ)

しょうがつがくると (ひまわりえほんシリーズ)

作家
川崎洋
沢田 としき
出版社
鈴木出版
発売日
2012-12-01
ISBN
9784790252528
amazonで購入する

ジャンル

しょうがつがくると (ひまわりえほんシリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

どら母 学校図書館を考える

「風が吹けば桶屋がもうかる」だね。ほぼ正月とは無関係だから面白い?

2018/01/12

魚京童!

だからなんなんって思ってしまう。

2016/11/03

遠い日

2編の詩をもとにした構成。転がることばがつながって、出発点と全く違う世界が見えてくるおもしろさ。正月の楽しさがにじんでいる。

2015/12/29

リハビリ中の雨巫女。

《書店》正月かくるとそうなるか…。読みながら、うなずいている私。

2012/12/25

ヒラP@ehon.gohon

「風が吹くと桶屋が儲かる」ではなくて、「風が吹くと影絵遊び」ですか。 言葉の連想ゲームの面白さで、正月を楽しむ絵本です。 途中で中断しているのが残念ですが、遊び感覚が正月のちょっとした合間を埋めてくれると思います。

2017/01/31

感想・レビューをもっと見る