読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

おそろしいよる (ひまわりえほんシリーズ)

おそろしいよる (ひまわりえほんシリーズ)

おそろしいよる (ひまわりえほんシリーズ)

作家
殿内 真帆
きむらゆういち
出版社
鈴木出版
発売日
2019-09-18
ISBN
9784790253860
amazonで購入する

ジャンル

おそろしいよる (ひまわりえほんシリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

おはなし会 芽ぶっく 

これは子どもたちの好きそうな怖いおはなし!期待以上にオチが2回3回と!さすがきむらゆういちさんです。子どもたちの読んだら「なあんだぁ」と言われるでしょうが、次にまたオチがあるとは思わないでしょうね(*^^)v

2019/10/03

そうさん

5歳5ヶ月。夜ふかししている子ブタが怖い目にあうが、夢オチだったり、本の中の出来事だったりと、なーんだと思わせておいてラストで…。さすがきむらさん、うまいなぁ。

2020/01/04

はなん

図書館本)ホントかと思ったら絵本の中の出来事。かと思ったら見ていた夢。かと思ったら……誰でも一度は想像してしまう夢の中の夢の中のそのまた夢、のようなこわい、絵本。切り絵のような絵が味があっていいな。

2020/02/16

リハビリ中の雨巫女。

《本屋》やはり、見えないものは、怖い。

2019/10/10

遠い日

見えないものは怖い。でも、見えないものは実体がないまま、立ち消える。今夜いちばん怖かったのは!?みんなも経験あることでしょう。

2019/10/11

感想・レビューをもっと見る