読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ぶたくんと100ぴきのおおかみ (チューリップえほんシリーズ)

ぶたくんと100ぴきのおおかみ (チューリップえほんシリーズ)

ぶたくんと100ぴきのおおかみ (チューリップえほんシリーズ)

作家
宮西達也
出版社
鈴木出版
発売日
1991-10-01
ISBN
9784790260264
amazonで購入する

ジャンル

ぶたくんと100ぴきのおおかみ (チューリップえほんシリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

anne@灯れ松明の火

県立返却棚で。講演会予習・サイン会用選び。県立は画家順に並んでいるので、こういう目的の時、助かる。おもしろいような、おもしろくないような^^;

2016/10/06

けんとまん1007

やっぱりいいなあ~単純にそう思う。まあ。オチは想像できてしまったけど、でも、面白い。なんといっても、100匹のおおかみだ。って、きっといるんだよなあ~数えてないけど。ここが大人のつまらない部分かも・・・子どもたちだと、素直にハラハラするんだろうな。

2014/09/25

遠い日

うっかりおおかみたちとしっかり者のぶたくん。おおかみが100匹というところが、おもしろいのです。やせっぽちおおかみ、お気の毒。

2015/11/01

とも

お話し会 最後に大型絵本 子どもたちのうけはとても良かったです。おおかみがたっくさん登場するところが面白いらしい。

2019/11/16

かんたあびれ

【絵本】イソップ物語のような話。100匹の狼に追いかけられ、追い詰められたブタくん。でもそこで狼は気づく。「俺たち100匹なのに、ブタは1匹」。コミカルで哀愁漂う狼さんでした。

2019/03/18

感想・レビューをもっと見る