読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

歌集 青眼白眼 (かりん叢書 現代三十六歌仙 29)

歌集 青眼白眼 (かりん叢書 現代三十六歌仙 29)

歌集 青眼白眼 (かりん叢書 現代三十六歌仙 29)

作家
坂井修一
出版社
砂子屋書房
発売日
2017-03-01
ISBN
9784790416272
amazonで購入する

歌集 青眼白眼 (かりん叢書 現代三十六歌仙 29) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

浦和みかん

教壇に立つ自らの老い姿の歌とか、老いと劣等感のようなものが色濃いか。作者の歌は、単語レベルでは知識の必要な作られ方をしている歌が多いけど、その抒情は案外と分かりやすい気がする。連作単位でも単語が通じているというか(例えば連作「アトム」には全ての歌に「アトム」が入るとか)、単語的な作り方と情のバランスで歌の面白さが決するタイプなのではないだろうか。

2018/05/26

感想・レビューをもっと見る