読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

クリティカル・シンキングと教育―日本の教育を再構築する (SEKAISHISO SEMINAR)

クリティカル・シンキングと教育―日本の教育を再構築する (SEKAISHISO SEMINAR)

クリティカル・シンキングと教育―日本の教育を再構築する (SEKAISHISO SEMINAR)

作家
鈴木健
竹前 文夫
大井 恭子
出版社
世界思想社
発売日
2006-11-01
ISBN
9784790712206
amazonで購入する

クリティカル・シンキングと教育―日本の教育を再構築する (SEKAISHISO SEMINAR) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

乗るway

読了

2017/08/07

Yukiyahn_zb

借りていた本。 日本語と英語の論理展開の違いと、英語における小論文の書き方は面白かった。英語では論理展開がテンプレ化していてそれにそってひたすら訓練をするけど、日本語では思考の流動性と飛びの妙を狙うためむずかしい。わざと飛びを狙うと天声人語のように厭味の聞いたものになり、読み手に嫌がられ他者からの評価もしづらい。 その点から見ると展開のテンプレ化は有用だと思う。 教育者用と、大人のためのマニュアル本がまだ足りない。というか、日本語での論文作成のよい本ってなんかあったっけ。 松本茂氏が学校教育におディベー

2012/06/05

感想・レビューをもっと見る