読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

毒母育ちのサナギさんの脱皮 ~ゆうちゃん先生のカウンセリングルームより

毒母育ちのサナギさんの脱皮 ~ゆうちゃん先生のカウンセリングルームより

毒母育ちのサナギさんの脱皮 ~ゆうちゃん先生のカウンセリングルームより

作家
本山 理咲
佐藤優
出版社
星和書店
発売日
2021-05-01
ISBN
9784791110780
amazonで購入する Kindle版を購入する

毒母育ちのサナギさんの脱皮 ~ゆうちゃん先生のカウンセリングルームより / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

むさみか

境界性パーソナリティ障害は 正義の幻想にしがみつき 家族全体を支配して苦しめ あまつさえ 次代につなげてしまいがちです パーソナリティ障害をもつ本人が 自覚をもって 渚さんのように 生まれ変われるのが一番ですが 家族の意見など 通ることはないでしょう しかし 連鎖を断ち切ることは 出来ると思います 「あなたは悪くない」 とただ一言さえあれば まずは 毒母 毒父に 蝕まれる子供たちが 一人でも救われますように リアルな苦しみが伝わる 名著だと思いました

2021/10/08

ᚹγअәc0̸א

・ゆるかわ系の絵柄の人は、存外に重篤な闇黒内面をお持ちという経験則が、ソフトに表現されてて有難い。 ・「成長期に大切な蛹室を壊された奇形成虫」としての筆者意見は傾聴。--「それ(20歳過ぎたら自己責任論)は、成長を妨害された人間にはあてはまらねーんだよ!足の不自由な人に、20歳過ぎたら自分の足で歩け(略)と言ってんのと同じなんだよ」 ・シナプスの芽吹き(漫画的表現)の効果音「シナプスプスプス」がセンス独特で好。 ・唐突にDBT本が登場するが、これはBPDとの対応性を示唆か。あるいは次作以降の積み残しかな。

前半は相談者の「サナギさん」のこれまでの話、後半は「サナギさん」がどん底にいた頃の胸中や葛藤、最後は「サナギさん」から「ナギサ(渚)さん」に変化していく様子を描いている ▼第1章から第7章まであり、シンプルな絵でサクサクと読みやすいマンガがメインで、章ごとに3ページほどのコラムがある。内容が結構ヘビーなので、同じ状況にいる人は共感してしまってちょっと辛い。

2021/12/29

感想・レビューをもっと見る