読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

神隠し 市井小説集 (藤沢周平珠玉選)

神隠し 市井小説集 (藤沢周平珠玉選)

神隠し 市井小説集 (藤沢周平珠玉選)

作家
藤沢周平
出版社
青樹社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784791307807
amazonで購入する

神隠し 市井小説集 (藤沢周平珠玉選) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

山内正

本家筋へ今日娘を嫁がせた 客の利助さん老けてたねと話を 娘を心配する女房も四十三 お前一度だけ家を開けた事有ったね 言い訳聞いた事あってが あの時だけは違うと ほんと怒ら無い? と変に生々しい 清七さん覚えています? 人当たりの良い商売上手の 店の金を使い辞めてった男 で家に行ったの 一緒に暮らそうって言われれば それもいいかとね 女がいたのさ お前さんも子供も頭に無かったよ この女がね、ひっそり二十年もと 横顔を見る

2020/09/11

山内正

仕事が有るのにと信蔵は 姐さんいたんじゃ言いにくいよ お父っつぁん見つかったよ 十八年 になる どうする、ほっとく? でも信ちゃん昔のままならと 姉が話出す 俺が会ってくるよ 火掻き棒で炊き口を掻く 俺だよ信蔵だよ 有り難ぇ話だが 会えただけで十分だ 引き取るって言ったのね、ふーん 三月が経った どうって事なかった ねと 私の家に金を借りに来たよ留守に もう借金はねぇよ 後を付けた、賭場に入る 出て来た男二人に、話にならねぇと 父の声が 男が匕首を抜き掛かって 取っ組み会う飛び出して助ける、 疫病神だ

2020/09/04

けいこん

江戸時代かな。市井小説短編集。すごく読みやすくて、面白かった。テレビドラマを見ているようにスラスラ読めるのに、なんか、深い。

2014/12/27

笑顔千両

藤沢周平珠玉選②、短編集。今回も良かったです・・・、人間のどうしようもなさが語られていて、自分に照らして後悔や反省とともに深い吐息がでました。

2014/04/27

みょん

★★★★ やはり何度読んでも藤沢氏の作品は飽きない。 短い話のなかに、人の機微や生が凝縮されている。年明けには良い作品を読みたくて藤沢氏をチョイスしたが、しばらく著作再読にハマろうかなぁ。もうこの人別格だから(笑)

2012/01/05

感想・レビューをもっと見る