読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

分水嶺 (BIG BOOKS―森村誠一セレクション)

分水嶺 (BIG BOOKS―森村誠一セレクション)

分水嶺 (BIG BOOKS―森村誠一セレクション)

作家
森村誠一
出版社
青樹社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784791309665
amazonで購入する

分水嶺 (BIG BOOKS―森村誠一セレクション) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ひらり庵

初読が中学生の時で、娯楽がなかったので、たまたま家にあったこれを何度も読んだ。今読むと、企業悪、個人善、資本主義の矛盾、人間疎外など枠組みは「カムイ伝」と同じで、当時はこういうのが社会派だったのだ。当時、2人のヒロインに胸をときめかせたものだが、思い出補正ではなく、再会してもやっぱりいい。大学同窓の祥子(ビアンカ)と銀座のホステスの香澄(フローラ)。銀座勤めの香澄が実は家庭的と言うギャップがいい(家では和服を着ている)。しかし情熱的で破滅型。素人にはお勧めできない。結婚したいが、今でもどちらかを選べない。

2019/11/14

感想・レビューをもっと見る