読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

トリノトリビア 鳥類学者がこっそり教える 野鳥のひみつ

トリノトリビア 鳥類学者がこっそり教える 野鳥のひみつ

トリノトリビア 鳥類学者がこっそり教える 野鳥のひみつ

作家
川上和人
マツダユカ
三上 かつら
川嶋 隆義
出版社
西東社
発売日
2018-09-08
ISBN
9784791627837
amazonで購入する Kindle版を購入する

「トリノトリビア 鳥類学者がこっそり教える 野鳥のひみつ」のおすすめレビュー

カラスはアリを浴びて体をきれいにする!? 驚きの“トリ”ビア

『トリノトリビア 鳥類学者がこっそり教える野鳥のひみつ』(川上和人:著・監修、三上かつら・川嶋隆義:共著、マツダユカ:マンガ/西東社)

 鳥カフェに鳥フェス、さらにはインコアイスに「インコクサイダー」(インコ臭のするサイダー)など、抱腹絶倒系商品までが飛び出すほど、近年、鳥がブームだ。

 どうせなら鳥そのものにもっと関心を寄せたい、そんな方におススメの1冊が『トリノトリビア 鳥類学者がこっそり教える野鳥のひみつ』(川上和人:著・監修、三上かつら・川嶋隆義:共著、マツダユカ:マンガ/西東社)だ。

 スズメ、ツバメ、カラス、ハト、カルガモほか日本の身近な約60種の野鳥が登場し、83のトリビア情報が楽しめる本書。1つのトリビアは、右ページに4コママンガ、左ページに専門家の文という見開き構成で解き明かされていく。読みやすいだけでなく、マンガも解説文もユーモアセンスたっぷりで、笑いながら知識が身に付けられる。まさに子どもから大人までが一緒に楽しめる1冊だ。

■カラスはアリを浴びてきれいになる!?  カラスが賢いのは有名な話。でも、アリを浴びる「蟻浴」なんて言葉は…

2018/10/4

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

トリノトリビア 鳥類学者がこっそり教える 野鳥のひみつ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

もりやまたけよし

なんだか、身近な鳥たちをウオッチングしたくなりました。とてもいとおしく感じてしまいます。

2019/02/23

ままこ 🍁

川上さん監修。テーマごとに野鳥の雑学が面白く分かりやすく紹介されている。カラスのアリ浴びは初耳。珍しい鳥はネットで画像検索したがラケットヨタカのあの羽根は確かに不思議。放火魔の鳥にはびっくり。托卵を見破る鳥もいるそうだ。テーマに沿った4コマ漫画も楽しめる。

2018/11/16

荒草ミエル

安定の著者、笑いと鳥の知識がバランス良くまとまってる。鳥本を読むと思うのが、カラスにはあの知能をもっと人間界に寄せて上手く使ってほしいということ。もっとフレンドリーに共存出来たらいいのにね。とにかくもったいない気がしてならない。

2019/01/07

キック

身近な鳥のあれこれを83項目にわたって解説しています。見開きのページに、右ページはマツダ先生の4コマ漫画、左ページは川上先生の解説という構成。漫画で癒やされ、さらに解説で勉強になるという二度美味しい本に仕上がっています。本書にあるとおり、「鳥はいつでもどこにでもいるので、なんの用意がなくても楽しめます。じっとしていたら意外と近くにきてくれることもあります。鳥を観察すれば、自然の中の生物のつながりにも気づいて世界が広がるかもしれませんよ。」とにかく、身近な鳥好きには、絶対お勧めの本です。

2019/02/01

鱒子

すっかり川上先生ファンの友人が貸してくれました。最近 動物トリビア本が多く出版されていますが、本書のターゲットは幼年層ではないようで、ふりがなは全くついていません。漫画担当のマツダユカさん、鳥の絵はキリッとしているのに人間の絵はテキトーなところとか面白くてたまりません。川上先生が面白文章で紹介する野鳥のチョイスは、身近で興味深いものばかり。気になってカイツブリの陸上の姿を検索しちゃいました。

2018/10/13

感想・レビューをもっと見る