読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ねこほん 猫のほんねがわかる本

ねこほん 猫のほんねがわかる本

ねこほん 猫のほんねがわかる本

作家
今泉忠明
卵山玉子
出版社
西東社
発売日
2019-04-22
ISBN
9784791628117
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ねこほん 猫のほんねがわかる本」のおすすめレビュー

「猫は飼い主の変装を見分けられる?」100問100答でわかる“猫の本音”

『ねこほん 猫のほんねがわかる本』(今泉忠明:監修、卵山玉子:マンガ/西東社)

 猫好きさんの多くが、「猫の気持ちをもっと理解したい!」と願う一方で、「かしこまった飼育本は難しい…?」と思っている飼い主さんもいるかもしれません。そんな方でもマンガを交えて楽しく読み進められるのが『ねこほん 猫のほんねがわかる本』(今泉忠明:監修、卵山玉子:マンガ/西東社)です。

 本作は、これまでにないスタイルの“猫マニュアル本”。話題の猫コミックエッセイ『うちの猫がまた変なことしてる。』でおなじみの人気漫画家・卵山玉子さんと、子どもたちにも大人気の動物学者・今泉忠明さんが強力タッグを組んだ、頼もしい1冊です。猫好き夫婦と2匹の猫たちの日常を描いたマンガとともに、「猫についての100のギモン」をQ&A方式でコミカルかつ丁寧に解説していきます。

 猫は考えていることを表に出さないミステリアスな動物だと思われることも多いもの。しかし、一見気ままに見える行動には猫なりの深い理由が隠されています。今まで知らなかった“猫の本音”に触れることができたら、猫という存在がもっと愛おし…

2019/6/8

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

ねこほん 猫のほんねがわかる本 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

猫の本音を解説する漫画。絵が可愛いし、猫好きなのであるある行動が沢山あって笑いました。実際に飼ってはいないので飼うとなるとツンデレな猫は大変なことも多いとわかりました。でも、猫の行動には飼い主への嫌がらせで行うものは無いとのことでますます猫好きになりそうです。青い目の白ネコちゃんは耳が遠く臆病になりがちとは初耳でした。

2019/09/15

麻衣

再読。猫のきもち100問100答。『猫と暮らすとストレスが減り寿命がのびる』うむ!絶賛実感中。心がこう、キー(*`д´*)ーッ、とささくれだってるときもにゃにゃをモフれば万事解決。柔毛にひとのストレスばっか吸収して寿命縮まないかと心配になるけど、話しかけたりスキンシップをたくさんとることは猫側のストレス緩和にもなるとのこと。よかった!※ただし信頼している相手に限る( ゚д゚)オスにゃんこは女性に懐きやすいらしく、そこに加えて女性は恋人よりも飼い猫と一緒に眠るのが好きなひとが多いのだとか。あたりまえだ!→

2020/11/16

yu

にゃんこのことがわかる本。とても楽しいし、癒される。長生きするには猫ですな。

2019/05/03

きょちょ

猫の習性を書いた本はたくさん読んだが、これもそういった一つ。 漫画がとっても可愛い。 特に怒った顔が何とも言えない。 嫁さんがこの漫画家の漫画を持っているらしく、それも見てみよう。 ★★★

2019/06/21

ねりわさび

猫の生態をわかりやすく解説した著。卵山玉子の猫まんがが計100ページも掲載されており面白かったです。猫好きの方へ特に購読をお薦めします。

2019/11/28

感想・レビューをもっと見る