読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ユリイカ2006年7月号 特集=西原理恵子

ユリイカ2006年7月号 特集=西原理恵子

ユリイカ2006年7月号 特集=西原理恵子

作家
みうらじゅん
高山宏
大月 隆寛
伊藤理佐
青木光恵
岩井志麻子
出版社
青土社
発売日
2006-06-01
ISBN
9784791701483
amazonで購入する

ユリイカ2006年7月号 特集=西原理恵子 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

くさてる

こういう特集の多くは、寄せられている批評よりも作家本人のインタビューや対談記事のほうが面白いことが多い。この一冊も、西原理恵子とみうらじゅん、大月隆寛が面白かった。

2012/11/22

ゆりこ

雑誌整理中に再読。「土佐の女は働きもの」って本当だな~と血縁を見まわして思います。

2011/10/16

amplecutter

とりあえず読んだけど代表作のほとんどが未読なので、ちまちまと作品論作家論を折に触れて読み返してみる。大月隆寛との対談が一番面白いと思った。あと林芙美子に興味が湧いた。

2011/09/20

Mitzz

再読

2007/08/01

AM

彼女の人気が頂点にあった時代に出された特集。二本の対談が非常に面白いです。

2019/03/28

感想・レビューをもっと見る