読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ユリイカ2010年6月号 特集=橋本治 『桃尻娘』から『リア家の人々』まで…無限遠の小説家

ユリイカ2010年6月号 特集=橋本治 『桃尻娘』から『リア家の人々』まで…無限遠の小説家

ユリイカ2010年6月号 特集=橋本治 『桃尻娘』から『リア家の人々』まで…無限遠の小説家

作家
橋本治
宮沢章夫
栗原裕一郎
加藤登紀子
坪内祐三
小谷野敦
出版社
青土社
発売日
2010-05-27
ISBN
9784791702091
amazonで購入する

ユリイカ2010年6月号 特集=橋本治 『桃尻娘』から『リア家の人々』まで…無限遠の小説家 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

小鈴

橋本治の対談は必見。まずは読んで欲しい。論者の評論には波があるが、岸川真「私的体験・橋本治一九九0」の長崎の厳しい受験校の講演会の話が泣ける。東京からきた有名人の講演会のために、学生が体育館に整然と並べられたが、彼らを前にして、「なんだか君たちを見ていると、ああ、これはいけないなぁと思った」から始まる橋本治の話が泣けるのだ。橋本治特集の扉の写真、ファラオの間の文字の下に\180000000の落書と書いてある。これはマンションの値段なんでしょうね(笑)

2010/05/30

kokada_jnet

主に「小説家・橋本治」も関しての、多数の論考・インタビュー収録。浅羽通明や山形浩生の論も読みたかったが・・。

2010/09/21

水蓮

橋本治は齧った程度の知識しかありませんが、対談はとても興味深かったです。

2010/06/11

くさてる

栗原裕一郎による橋本治へのインタビューで語られる内容がとても面白かった。

2012/11/22

seichan

それなりにおもしろかった。

2011/11/20

感想・レビューをもっと見る