読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ユリイカ2010年9月号 特集=10年代の日本文化のゆくえ ポストゼロ年代のサバイバル

ユリイカ2010年9月号 特集=10年代の日本文化のゆくえ ポストゼロ年代のサバイバル

ユリイカ2010年9月号 特集=10年代の日本文化のゆくえ ポストゼロ年代のサバイバル

作家
東浩紀
福嶋亮大
濱野智史
黒瀬陽平
荻上チキ
渋谷慶一郎
川上未映子
岡田利規
藤村龍至
出版社
青土社
発売日
2010-08-27
ISBN
9784791702121
amazonで購入する

ユリイカ2010年9月号 特集=10年代の日本文化のゆくえ ポストゼロ年代のサバイバル / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

oz

初読。特集のシンポジウムは思想地図あたりを読んでいれば物足りなく感じるだろう。穂村弘さんの歌論、佐藤雄一さんの詩論あたりが少ない紙幅でも読み応えがあった。あと山田亮太さんの詩が素晴らしい。読んでいて一番テンションが上がったのが来月号の予告(安倍吉俊特集)だった。

2010/09/25

ZT

目玉である「2010年代の日本文化のゆくえ」が文化自体の話よりもゼロ年代批評が政治性を持つためにはという「べき論」とごっちゃになってて、このやりとりじゃあ文化は新展開を見せんだろうなあ、といういらだちが残った。

2010/08/31

期待外れ。坂上秋成と増田聡は自分にとっては特に見るべき点もなく、論外だった。

2010/09/03

k

川上未映子インタビュー、山田亮太の詩、佐藤雄一、中田健太郎、穂村弘の論考など。未映子さんが「女性性」ということばの持つ悪意について切り込んでいて、すっきり。

2010/09/01

arith

冒頭のシンポジウムの記録が目玉。

感想・レビューをもっと見る